バイナリーオプションは、副業としても人気が高く、本業の傍ら副業として取り組む方が増えました。

本業が終わってから他のところに通勤してアルバイトをするような時間と体力を使わず、自宅でパソコンでできるので、とてもいい副業ですね!

しかし、一つ問題もあります。

それは、副業が禁止されている場合です。

というのも、近年副業を容認する企業が増え、本業が終わってから別の場所で働くことを認める企業が増えました。

しかし、中には副業を禁止する企業や公務員もいます。

そんな方でも生活を支えるためなど、様々な理由から副業で副収入を得ることを望む方もいます。

そうは言っても副業が禁止であれば副業を諦めることになりますが、バイナリーオプションのような投資ビジネスは副業としてどうなのか?

という今回のお話ですが、先に結論を言いますと、「バイナリーオプションは副業として認識されないので問題ない!」です。

具体的にもう少し深堀してきます。

「副業」の誤った解釈

副業というと、具体的な定義はなく、感覚として「本業とは別に副収入を得ること」と解釈されることがあります。

しかし、会社の就業規則に記載のある副業とは「本業とは別の会社でアルバイトや社員としての雇用契約を結ぶ」という解釈です。

要するに、今回のバイナリーオプションが副業に当たるという概念はそもそも間違っており、バイナリーオプションを始めるにあたってどこかと雇用契約を結ぶわけではないので、全然問題ないという事になります。

そして、バイナリーオプションは収入としては「雑所得」と分類されるので、オークションや転売ビジネスなども雑所得になるので、それらの副業も副業としては禁止されていません。

それは公務員にも同じことが言え、副業としてバイナリーオプションをやることには全く問題はありません。

 

副業ではないが例外もある

公務員でも、副業が禁止されているサラリーマンでもバイナリーオプションは副業として禁止されていないので、問題ありませんが、例外として以下のような場合もあります。

銀行員や具体的に投資を禁止している会社

会社で「副業」という形で禁止をされている場合は、バイナリーオプションは副業に当たりませんので問題ありません。

しかし、「FXや株式投資、バイナリーオプションの禁止」など、具体的な禁止業種が明示してる場合は副業として行うことはできません。

特に銀行員は、たくさんのお金を運用しているため、銀行の資産運用などを個人的に運用してしまうなどの内部不正を防ぐためなど、様々な理由から禁止をしているようです。

国の内部情報などが入る仕事をしている人

公務員と一口に言ってもその幅は広く、中には公になっていない情報や、国の財政情報をいち早くキャッチできる仕事もあります。

FXは特に国の財政状況によっても値動きするので、いち早く国の情報が手に入るという事は、事前に自らが投資をすることで仕掛けをすることができるという事になります。

そのような場合を懸念し、公務員の中でもバイナリーオプションを禁止している場合もあります。

まとめ

バイナリーオプションは、収入で言えば「雑所得」に分類されるので、副業としては問題なく始めることができます。

しかし、例外もあるため、事前に会社の規約に反することがないか確認することをオススメします。

その際に、投資というイメージを持たれたくない場合、「雑所得として始めたい副業があるのですが」というに濁した言い方をするといいかもしれません。