MT4とはバイナリーオプションで取引をする上では欠かせないチャートを見るためのツールです。

そもそもMT4とは、FXの取引ツールでFXの取引のために作られたもので、MT4の口座開設をすることでFX取引ができます。

今回はバイナリーオプション取引のために、あくまでチャートを見るためのものとして使うので、口座開設をしなくてもダウンロードし、デモ口座開設をすることでチャートを見ることができます。

チャートを見るためのツールは他にもありますが、他のツールですと、FX口座の開設やその他に条件などが付いたりするので、MT4が一番いいかと思います。では、早速MT4の導入・ダウンロードの方法について画像を踏まえてご紹介します。

簡単な作業なので、バイナリーオプション口座開設が完了するまでに終わらせましょう。

デモ口座開設の方法

手順1:デモ口座開設

まずは、以下のリンクをクリックし、デモ口座開設を始めます。

https://www.xmtrading.com/jp/mt4

すると、上記のページに飛びますので、口座開設に関するボタンのうち、矢印が指す「デモ口座開設」をクリックします。

 

手順2:情報入力

個人情報の入力

簡単な個人情報の入力を行います。

名前はアルファベットで入力します。

メールアドレスに関しては、のちに本人確認のためにメールが送られてきますので、そのメールの受取が円滑に行えるようにパソコンで使用しているアドレスがオススメです。

取引口座詳細入力

基本的にデフォルトの状態で大丈夫です。

「取引プラットフォームタイプ」のみ「MT4(FXならびに株式指数、金属、エネルギーのCFD商品)」を選択しましょう。

口座パスワード入力

パスワードは、小文字、大文字、数字を含める必要があります。

後にMT4でアカウントを取得し、MT4起動時に使用するものなので、しっかりと記憶しておきましょう。

入力が完了したら「デモ口座開設」をクリックし完了です。

手順3:メールの受信と登録プロセスを完了させる

先ほどの作業が終わると次の画面で、デモ口座開設完了の画面になり、先ほど登録したメールアドレス宛に以下のメールが届いているはずです。

登録プロセスを完了させるために「こちら」をクリックし、デモ口座開設が正式に完了させましょう。

なお、24時間のみ有効で、過ぎるとまた再度最初からやり直しとなりますので、お早めに行うことをオススメします。

手順4:認証完了とIDの記憶

上記の「こちら」をクリックすると次にユーザーIDが振り当てられるので、こちらもMT4のアカウントとして後に必要となるので、しっかりと記憶しておきましょう。

そして、「XMTrading MT4 プラットフォームをダウンロードしよう」をクリックし、いよいよMT4の導入に移ります。

 

MT4プラットフォームのダウンロード

デモ口座開設が完了したら、次にチャートを見るためのMT4をダウンロードし、導入する必要があります。

先ほどの「XMTrading MT4 プラットフォームをダウンロードしよう」をクリックすると上記のページに飛びます。

次に。「PC対応MT4」をクリックします。

その際、隣のMT5のダウンロードを押してしまわないように気を付けましょう。

上記の画面に切り替わりますので、「ダウンロード」をクリック。

すると「xmtrading4setup.exe」というファイルのダウンロードが開始されるので、ダウンロードが完了したら開きましょう。

次に「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」と出るので、「はい」をクリックしましょう。

しばらく待つと上記のポップアップが表示されるので「次へ」をクリックし、ダウンロードからパソコンへインストールまでのすべての作業が完了しました。

これで、MT4のインストールまでが完了し、以後MT4を起動させ、チャートを見るときは上記のアイコンをクリックして開けます。

まとめ

ここまでの作業の中で特に難しいと感じたところは少なかったと思いますし、時間としても15分ほどの作業で完了できます。

バイナリーオプションで今後取引をする上では必ず必要になるチャートですので、早めに導入し、まずはチャートを見慣れるところから始めましょう。