「お盆休みを利用し、トレードするためにチャートを見る時間を増やそう!」

「お盆休みは出費も多いからハイローオーストラリアからお金を引き出したい!」

そんな方も多いのではないでしょうか?

結論から申しますと、ハイローオーストラリアはお盆休みでも通常通りトレードが可能です。

また、入金や出金も可能です。

では、更にかみ砕いて具体的に解説していきます。

 

お盆休みもハイローオーストラリアはトレード可能!

お盆休みは、日本の休日になりますので、ハイローオーストラリアは海外のバイナリー業者のため、お盆休み中も通常通り取引が可能です。

なので、お盆休みでもハイローオーストラリアを含め、海外のバイナリー業者を使っている方なら通常通り取引が可能です。

しかし、日本の休日になりますので、GMOクリック証券やみんなのオプションを含める日本の証券会社(東京市場)は休みとなりますので、日本の証券口座を使っている場合は、お盆の間トレードはできないということになります。

 

お盆はいつからいつまで?

2019年のお盆は、8月13日~8月16日までとなります。

今年の場合、お盆の前後に土日、祝日を挟みますので大型連休となっていますが、ハイローオーストラリアを含め、海外のバイナリー業者を使っている方は、お盆の間でもしっかりとトレードすることができます。

ハイローオーストラリアのお盆中の入金・出金は?

お盆中のお金の入金や出金も通常通り行うことができます。

入金や出金には、まずはバイナリー業者が営業しているかと、入金の際に振込する銀行や出金の際に指定する銀行が営業しているかどうかに影響を受けます。

日本の銀行は、銀行法により日本の祝日(カレンダーの赤色の日)以外は営業をしているので、お盆休みの間は問題ありません。

お盆中でもトレードできるが注意も必要!

為替市場は、日本の東京市場を含め、世界各国に市場があります。

そして、平日はそれらすべての市場が開いており、為替の値動きに影響を与えています。

しかし、お盆の期間は東京市場は営業していないため、その分の取引が減るため、普段通りのプライスアクションにイレギュラーが生じたり、使っている手法の勝率にブレが生じる可能性があります。

なので、世界中の市場が開いている時間に取引することで、ある程度安定した取引ができます。