バイナリーオプションを始める前に、まずはちょ~基礎的なところ!『バイナリーオプションとは?どんな取引方法なのか!』という基礎中の基礎からしっかりと学んでいきましょう。

為替相場(為替レート)

為替相場とは、異なる国の通貨同士を交換する時の交換比率を意味します。

例を出すと、アメリカ旅行に行く際、日本円をアメリカドルに交換しますが、1ドル=105円とかっていうまさにアレです。

そして、1ドルいくらで交換できるかは、その国の経済状況などに左右され、日々変動しているのです。

それを値動きと言いますが、その値動きを指標として投資を行うのが「バイナリーオプション」です。

 

 

バイナリーオプションとは!

バイナリーオプションとは、為替相場を指標とし、現在の相場より一定時間後、「上がるか(HIGH)下がるか(LOW)」を予想し、2択の選択に正解した場合、掛け金に対し一定倍率のペイアウトが受けられるという投資です。

よく為替相場を指標に取引をすることから、FXと間違えられることがありますが、取引方法や利益の出し方には、それぞれ特徴があり、まったく別物であることは覚えておきましょう。

バイナリーオプションとFXの違い

取引方法の違い

バイナリーオプションもFXも、同じ為替相場を見て現在の相場より上がるか下がるかを予想するという点では取引方法は変わりません。

しかし、バイナリーオプションは、決められた時間後(主に5分後、10分後など)に上がるか下がるかを予想するため、上がると予想した場合、一日を通して値動きは上昇傾向にあっても、決められた時間内に現在の相場より上がらなければ資金を失ってしまうわけです。

逆にFXは、取引時間に限りがなく、一日や一週間、一年後などいつでも決済が可能で、自分の都合で取引の満期を決めることができます。

こう聞くと、「決められた時間内にどちらかに動かなければならない!というしばりがないFXの方がいいんじゃない?」と感じるかもしれませんが、バイナリーオプションにもしっかりとした利点があります。

利益の出し方

バイナリーオプションとFXでは、利益の出し方にも違いがあります。

FXの場合、上がるか下がるかを予想し、予想通りの方向に値動きすればするほど、利益をたくさん出すことができます。

逆もしかりで、予想とは反対に値動きすればするほど損失が増えるということになります。

なので、FXは予想した方向にどれだけ大きく値動きするかが重要なポイントとなります。

一方のバイナリーオプションは取引の際、決められた時間後に予想とは違う方向に値動きすると、掛け金はすべて没収となります。

しかし、予想した方向に微量でも動けば、掛け金の2倍近くのペイアウトを受けることができます。

なので、バイナリーオプションには、一度の取引で、微量の値動きであっても、多くの利益を得ることができるという特徴があります。

また、一度の取引で最大の利益と最大の損失が明確な分、合理的な方法で取引をすることによって将来的に利益を生み続けることができるかをシンプルに判断できるのです。

上記のような報酬の出し方や将来性をシンプルな形で表せることから最近はバイナリーオプションに参入する人も増えてきました。

 

そして、今後の記事ではFXは一つおいて置き、バイナリーオプションについてどんどん学んでいくことにしましょう。