バイナリーオプションを本業でやっている方も副業でやっている方も、バイナリーオプションで稼いだお金は、しっかりと確定申告という形で、税金を支払わなくてはいけません。

よく、バイナリーオプションで稼いだお金を隠し、確定申告をしないで税金を払わない方法!

なんていう記事を書いている方もいますが、しっかりと確定申告をして税金を納めないと「脱税」として追徴課税や延滞税という形で、更に多くのお金を支払わなくてはなりません。

なので脱税はせず、しっかりと確定申告をして税金を納めるようにしましょう。

今回は、確定申告における税金の計算方法や納税期限、学生や専業主婦、公務員、サラリーマンと職種別に税金の計算方法をご紹介します。

バイナリーオプションの所得とは

バイナリーオプションで稼いだお金にかかる税金の基準は「出金額」ではなく、「利益」を計算します。

よく、バイナリーオプションで稼いだが、「実際に現金として口座に出金していないから所得にはならないから出金して通帳に記帳された分だけ確定申告すればいい!」と誤解している方もいますが、それは間違いです。

例)1000万円の利益に対し、500万円を口座に出金した場合

この場合は、出金した500万円のみが実際に口座に入金され、通帳に記載されますが、実際の利益は1000万円なので、事実上の所得は1000万円として確定申告する必要があります。

なので、日々の収支などは、エクセルなどで正確に管理しておく必要があります。

因みに海外業者で最も有名な「ハイローオーストラリア」では、以下のように過去の取引履歴を閲覧することができます。

ログインし、「取引履歴」をクリック。

 

取引履歴を表示したら、「検索する」をクリックすると、項目ごとに検索条件を付けてフィルタがかけられるので、見たい期間を指定するとその期間内の取引履歴をすべて閲覧することができます。

 

どれくらい稼いだら確定申告しなければいけないの?

本業があり、会社員で副業としてやっている方は「20万円以上」、専業主婦や本業のトレーダーは「38万円以上」の利益が出たら確定申告をする必要があります。

なので、もしバイナリーオプションで、上記以下の利益、または年間通して損失が出ている方は確定申告をする必要がありません。

バイナリーオプションの納税期限は?

毎年3月15日までに確定申告を済ませ、税金を納める必要があります。

確定申告の方法は、管轄の税務署で「確定申告書」に記入して窓口に持っていくか、インターネットで確定申告書をコピーして、自宅で記入したものを窓口に持っていくか郵送で送る、または「e-Tax」という電子申告、納税システムを利用して行うことができます。